« 北生涯学習センターでの公演 | トップページ | 名古屋医専公演 »

公文書写勉強会

6月11日(月) 公文書写の勉強会で公演させていただきました。

参加者の感想より・・・

「障害があるなしに関係なく、子どもたちをすこやかに育てる為には、手をだしすぎず、見守り、種をまいてあげることを心がけたいと思います。」

「読んで得る情報のみで、発達障害についてぼんやりとわかっていましたが、疑似体験をすることで、貴重な時間を得ました。」

「自閉症の子どもの特性がとてもよく解りました。障害を持つ子どもへの対応だけでなく、子ども達全体の対応・指導に役立てます。1人1人その子に合った対応で、認め、励ましてあげたいと思います。“みんな違ってみんないい”」

「ひとりひとり私達も違うので、障害があるなしに関わらず、特徴を理解し、認めてあげて、そういう人達がいたら寄り添っていきたいと思います」

「少し悩んでいたところのヒントをいただけた気がいたしました。」

「大変勉強になり、自分自身の子育てにも生かせることがたくさんありました。教室での生徒さんの指導にも今後生かしていけると思います。」

公文書写の先生方は、とても熱心な方々でした。

お稽古でのよい先生との出会いは、大事なことです。

地域の子どもたちに温かく接してくださる先生方の存在が、きっと子どもたちを大きく育ててくれることでしょう。

|

« 北生涯学習センターでの公演 | トップページ | 名古屋医専公演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公文書写勉強会:

« 北生涯学習センターでの公演 | トップページ | 名古屋医専公演 »