« 愛知学院大学公演 | トップページ | '16.11月の公演予定 »

あま市立中学校公演

10月24日(月) あま市の中学校1年生を対象に、福祉体験授業をさせていただきました。

中学校での福祉体験授業のご依頼は数すくないので、中学校で公演させていただくことができとてもうれしく思っています。

中学生の感想より・・・

「障がいの事を今までは、とても重く、暗く見ていたけれど、見直すよいきっかけになったと思う。」

「私は障害者を受け入れられない方です。ですが、今回の授業・少し前にやっていたパラリンピックを見て考え方が変わりました。人はそれぞれ違うし、障害を障害と思わず、1つの個性と思おうと考えました。」

「とてもわかりやすかったです。なんか障がいの子が、人と違うからっていじめられるみたいなことをときどきテレビでみます。私も、人とちょっと違うからって、差別されるのはおかしいと思います。障がいの子が、苦手なことは助けてあげ、いっしょにこの地球で生きていきたいと思いました。」

「人によって感じ方が違うから、みんな違うのがあたりまえだと思う。たとえできなくても、それを手伝う、または協力することが大切だと思った。」

「“障がい”という言葉を聞くと、マイナスかと思ったけれど、とても前向きに考えれて、人としての助け方も勉強になりました。もし、困っている人や助けを必要としている人がいれば助けたいと思いました。」

「話を聞いていて、私もそういうことがあるなと思ったことがたくさんあり、障がいがあってもなくても“人”とは同じなんだなと改めて考えることができました。」

「相手が何度言っても理解してくれないと、イライラしてくることがあります。でも、今回の授業をうけて、相手にもなにか理由があるかもしれないと考えて、言葉を変えて話してみようと思います。」

生徒さんたちが感じたことを、今後の生活の中で、思い出してくれたらうれしいな・・・と思います。

ドロップスは、名古屋市を中心に活動しています。市内の中学校からも依頼が来たらいいなぁ~って思っています。

|

« 愛知学院大学公演 | トップページ | '16.11月の公演予定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425800/69117520

この記事へのトラックバック一覧です: あま市立中学校公演:

« 愛知学院大学公演 | トップページ | '16.11月の公演予定 »