« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

指導員初級研修

5月25日(水)

放課後児童クラブ指導員・児童館児童厚生員初級研修において公演させていただきました。

学童の先生やトワイライトルームのAPさんを対象とした研修会です。

参加者の感想より・・・

「日頃、子どもたちと関わる中で、つい口うるさくあれこれと言ってしまうことがあり、自分がその立場だったら嫌だなぁと感じました。皆さんの思いがとても伝わってきて、分かりやすい公演であると同時に、胸があつくなりました。」

「どのように見えたり、聞こえたりしているのか、自分にも体験できて、理解しやすかったです。指導員として、子どもと関わる中で、もっと知識をつけて理解を深めたいので、本を読んでみようと思いました。」

「障害のある子どもたちとも、そうでない子どもたちとも、一つ一つ丁寧に根気良く向き合い、一人一人の違う良さを見つけていきたいと感じました。」

「子どもと接する仕事に就いて2か月で、子どもへの接し方も分からないこともあり、悩む日々でしたが、今日の公演をきいて、どんな子どもへも丁寧に接していける職員になりたいと思うことができました。」

「大人の目線での理解しかなくて、どのような対応がよりよいのかもわからないのが現状だったので、その子の行動のわけを理解してあげられるような、いろいろなことを今後も学んでいきたいと思います。」

子どもたちと接していく中で、多くの感動があり、多くの学びがあると思います。

これからも子どもたちのために、よき理解者であってほしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

障害児通所支援事業者指導員初級研修

5月10日(火) 障害児通所支援事業者指導員初級研修において、公演させていただきました。児童デイの新人スタッフさんを対象とした研修会です。

会の後半は、交流会で、私たちも交流会に加えていただき、有意義な時間を過ごさせていただきました。

参加者の皆さんの感想より・・・

「これから仕事を通してですが、関わっている発達障がいのお子さん、一人一人の助けになれるよう鼓舞されました。」

「全て、目からウロコでした。体験できて良かったと思っています。辛い気持ちも折り紙体験でヒシヒシと感じました。思わず、“ウルサイ!”と言いたくなりました。」

「障害を持ったお子様の保護者様ということもあり、一つひとつのエピソードに思いなどを感じることができ、とても良い経験となりました。また、今、子どもと関わっている中で、自分の声のかけ方や関わりがまちがっていないか見つめなおすことができました。」

「実際に体験できると、より理解しやすかったです。親御さんの気持ちを普段きいたことがないので、うるっときました。大切なことを教えていただきありがとうございました。今日からまた、気持ちをひきしめて取り組んでいこうと思います。」

我が子もデイを利用していますが、いつもスタッフさんのやさしく細やかな対応に頭が下がります。

これからもたくさんの子どもたちのよき支援者であってほしいと願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市内小学校 福祉体験授業

5月2日(月)

今年度初の公演でした。小学校4年生の子どもたちを対象に、福祉体験授業をさせていただきました。

子どもたちの感想より・・・

「色々な性格や、自分と少しちがう人がいるんだなと、あらためて感じました。」

「人はそれぞれちがうっていうことがわかりました。もっと命を大切にしたいと思いました。」

「みんな考え方や聞き方のみわけがちがうけれど、みんな同じ人間だよ。ということをもっと思っていたより分かった。楽しく授業がみんなとできてうれしかった。」

「自分とちがう人がいっぱいいるけど、みんなとてもいいということがわかった。とてもいい授業だった。」

「みんなが少しずつちがうから、自分がいやではない事も、相手にはいやかもしれない。みんなとちがうときらわれるかもしれない。けれど、みんなちがう世界にたった一つだけの命だから、まもっていきたい。」

「人はみんなちがうから、人はいいと思った。みんなとくいなことが一つはあるから、ぼくもがんばりたい。」

「ぐん手を使って1円玉をつかむ時は、不器用な子が笑われたらどんな気持ちだろうと思いました。これからもナイスサポートをふやしていきたいです。」

「人は苦手なこ事もあり、上手な事もある。人はそれぞれちがうんだなと思いました。一円玉をとる体験をしました。ぐん手をはめたので、取りにくかったです。わからない言葉を聞くと、脳がこんがらがるというのも、「あ、そういえば…」と思いました。もう一回授業を受けたいです。」

4年生の子どもたちが、それぞれ公演を受けとめてくれました。

この学校では、「ナイスサポート」を合言葉に、相手のことを考えて行動することを推奨しています。

相手に喜ばれる「ナイスサポート」がどうすることなのか、私たちドロップスのメンバーもじっくり考えていきたいなぁ~と、子どもたちに教えられました。

素敵な子どもたちとの出会い、本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »