« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

名東生涯学習センター 公演

1月28日(水)

名東生涯学習センターで、連続講座の1講座としてドロップスの公演をさせていただきました。

後期講座の“「あなた」らしく「わたし」らしく ~「わたし」のなかにある本当の思いやりを探してみませんか~”という一般の方対象の連続講座です。

その1回目を「発達障がいの子どもたちが感じている世界」というテーマでドロップスの公演をさせていただいたのです。

参加者の方の感想より・・・

「“発達障害”という言葉は知っていて、自分の周りにもいて、何となく知っているつもりになっていたのが、見え方や聞こえ方が実際にどう違うのかを教えていただいて、具体的に理解できた。“知らないからどうしていいかわからない、怖い”というのから、環境や接し方をかえて工夫すれば、過ごしやすくなることがよく分かった。子どもを持つ親としては、病気であろうと障害であろうと、その子の“ひび”を受け入れて、種をまいてあげれる存在になりたいと思う。」

「どの話もわかりやすく、聴き入ってしまいました。普段子どもを育てていて、障害があるのかも・・・と不安になることが時々ありますが、何というか、あったかい気持ちになれました。」

「今までは発達障害のことをほぼ知らなかったが、今日の研修をきっかけに発達障害の本等を読んでみようと思いました。」

「お話が聞けて大変良かったと思います。発達障害の方に接するポイントは、私たちにも通じる事がほとんどで、いずれ年老いたときに生活や身体に不調がでてきた時にもあてはまる事柄のようにも思います。今後の日常生活の中で、今聞いたお話を参考に接することができたらと思います。」

身近に発達障害がいる方も、これまで発達障害の方を意識したことがなかった方も、公演をきっかけに何かしら気づき、感じていただけていることがうれしいです。

すてきな連続講座の1コマの機会をいただけたことに、感謝の気持ちでいっぱいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

守山区 学童研修会

1月27日(火)

守山区の学童指導員さんの研修会で公演させていただきました。

ここでの公演は2度目。2度目の公演という方が多く、重複した内容になってしまいましたが、みなさん真剣にきいてくださいました。

参加者の感想より・・・

「2度目でしたが、復習をすることでまた改めて勉強になりました。子どもたちにとって過ごしやすい学童づくりをしたいと思います。」

「私は3回目の受講になりますが、毎回、理解が深まっているのを感じています。丘加算型に将来の希望や安心が示せるように自分も色々な情報や知識を持たなくてはと、今回は特に感じました。頑張って活動を広めてください。」

「普段、障害について考える機会が少ないので、こうして考える機会が年に1回はあるといいと思いました。忘れかけていたことを思い出すことができました。」

私たちの公演に複数回、参加してくださる方も増えてきました。

公演内容をより分かりやすくバージョンアップさせながら、頑張りますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

’15年1月の公演予定

2015年になりました。

今年も元気いっぱい公演したいと思っています。よろしくお願いします。

さて、1月の公演よていは・・・

 1月27日(火) 守山区 学童研修会

 1月28日(水) 名東生涯学習センター 「発達障がいの子どもたちが感じている世界」

2公演を予定しています。

2日連続の公演。はりきって頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »