« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

市内小学校 福祉体験授業

2月17日(金)

市内小学校の6年生4クラスを対象に福祉体験授業をさせていただきました。

1月に現職教育で公演させていただいた学校に、今度は子ども向けで訪れさせていただきました。

同じ年度に2回も公演させていただける幸せ。学校側のご理解あってのこと・・・本当にうれしいご依頼です。

2クラスずつで公演させていただきました。

子どもたちがとても真剣に聞いてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千種区保健主事研究会

2月10日(金)

千種区保健主事研究会にて公演させていただきました。

先生方向けに公演させていただく機会が数多くあります。

それだけ学校現場では、理解が進んできていると思うとうれしい限りです。

ご参加いたいた先生方の感想より・・・

識者ではなく、体験した人から事実をもとに話していただけたので、より分かりやすかった。そして、とても心に残り、明日から役立てたいという思いでいっぱい!私だけのものにせず、学校の人たち、いえ、たくさんの人が知る必要があると思うので、すぐに学校で紹介。」

「学校にも自閉症の児童がいます。わかっているつもりでも不適切な対応をしていたことがあり、反省しています。学校にもどったら、他の職員にも今日の話を伝えたいと思います。」

「みんなちがってみんないい・・・本当にその通りだと思いました。みなさんの母親としての気持ちが痛いほど伝わり、最後は涙が出ました。どの子も大切に接していきます。」

公演に参加してくださった先生方から、また多くの先生方へ・・・

こうして理解の輪がどんどん広がっていくと、とてもうれしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市内小学校 福祉体験授業

2月7日(火)

市内小学校の6年生を対象に福祉体験授業をさせていただきました。

毎年、この時期に公演させていただいている学校で、今回が4回目です。

交通安全教室のように、毎年の行事に組み込んでいただいていて、ほんとうにありがたいと思っています。

毎年、公演させていただいていても、子どもたちは毎年ちがいますから、毎年新鮮な気持ちになります。

 そんな子どもたちの感想は・・・

「しょうがいについて、分かっていたようで、私は分かってなかったんだなぁと思いました。すごく楽しく学ぶことができてよかったです。しょうがいがあっても、周りの人の協力があれば大丈夫というように、私もノーマライゼーションやユニバーサルデザインのように役だてるといいなぁと思いました。家に帰ったら、お母さんやお父さん、妹に手袋をして1円玉をとってもらおうと思います。家族みんなで協力したいです。」

「話だけじゃなくて、自分たちで体験をしたりもしたから、分かりやすかった。障害をもっている人たちの特ちょうや、どう接すればいいかが分かった。障害をもっていても、まわりの人たちの手助けで、社会で普通に働けるんだと分かった。この授業で、障害をもった人の事をたくさん教えてもらったから、これからは学んだことを生かして、障害をもっている人に、その人にあった接し方や、手助けをしてあげたいなと思う。」

「障がいをもった人でも不得意や得意なことがあるということをよく知れました。今度からは困っている人に積極的に声をかけていきたいです。」

「今まで、発達障害の人にはゆっくりていねいに話すといいということは聞いたことがあったけど、どうしてかあまり知らなかったので、この授業で、頭の中で整理できないということや、重要なことだけを聞きとることができないからということを知れて納得した。」

子どもたち、一人ひとりが、いろいろなことを感じてくれています。

私たちもまた、子どもたちの感想を読ませていただいて、もう一度我が子への対応を見なおしたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

'12 2月の公演予定

2月になりました。

ドロップス2月の公演予定は・・・

 2月7日(火) 市内小学校 福祉体験授業 6年生対象

 2月10日(金) 千種区保健主事対象公演

 2月17日(金) 市内小学校 福祉体験授業 6年生対象

以上3つの公演を予定しています。

寒い日が続きますが、寒さに負けず頑張ります!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »