« 12月の公演予定 | トップページ | 市内小学校 福祉体験授業  »

市内小学校 現職教育(18回目)

12月8日(木) 

市内の小学校の現職教育でキャラバン公演させていただきました。

夏休み中にあった養護研究会にご参加くださった先生が、自分の学校の研修でも・・・とお話しくださったおかげで、依頼につながったのです。

現職教育での公演も18回目を数えました。

参加くださった先生方の感想・・・

「自閉症の子どもたちnことがよくわかりました。自分が体験することで、普段担任として自分の接し方を反省するばかりでした。子どもの側の立場が体験できてよかったです。自分は教諭として、母として、子どもをもっと大切にしないと、と思いました。今日はありがとうございました。」

「とても勉強になりました。子どもを見る目が広がった気がします。今日のことを忘れず、今後に生かしていきます。ありがとうございました。」

「とても分かりやすく、気付かされることが多くありました。折り紙体験では、やろうとしてもできない、さらに周囲から“ちゃんとやらないとダメ”と怒られるという体験をして、子どもの気持ちが分かりました。声掛けがいかに大切かが分かります。貴重なお話ありがとうございました。」

先生方に真摯に受け止めていただき、とてもうれしいです。ありがとうございました。

|

« 12月の公演予定 | トップページ | 市内小学校 福祉体験授業  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425800/43384357

この記事へのトラックバック一覧です: 市内小学校 現職教育(18回目):

« 12月の公演予定 | トップページ | 市内小学校 福祉体験授業  »