« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

中区自立支援協議会

10月28日(金)

中区自立支援協議会にて、ドロップスの公演をさせていただきました。

公演依頼のきっかけが、7月の瑞穂区役所での公演に来てくださったことだったようで、うれしい広がりです。

参加者の方の感想・・・

「私達への伝え方も考えられていて、心に響きました。発達障がい・自閉症の理解にとどまらず、関わりあって生きていく中で、とても大切なことを教えていただいた気がします。」

「とても分かりやすい内容でした。ヘルパー教育でも、今日の内容等伝えていければとおもいます。」

「とても意義のある時間となりました。学校等、子どもたちの多くいる場で、たくさんの活動ができるよう、社会全体での必要性を広めていきたいと思います。」

私たちのお伝えしたいことが、多くの人の賛同を得て、また多くの人たちに広がっていく・・・。そうした波紋の広がりが、きっと発達障がいの人たちにやさしい社会につながっていくことでしょう。

今回の公演でも、そんな手ごたえを感じました。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緑っ子公演

10月11日(火)

「なないろの会」から独立した「緑っ子」(特別支援について話し合う会)で公演させていただきました。

親の会での公演は、久しぶりでした。

私たちドロップスとおなじ保護者という立場なので、共感していただくことが多いと思います。

参加者の方の感想

 「いろんな体験ができて楽しかったです。子どもの気持ちが少しわかった気がします。」

 「改めて発達障がい本人の物の見え方、聞こえ方、感覚を知ることができ、とても勉強になりました。」

 「今までイロイロな勉強会や講演会に出席してきましたが、教科書的な内容が多く、あまり心に残りませんでした。ですが、今回はとてもわかりやすく、楽しく学ぶことができました。」

少人数での公演で参加者の方と一体感を感じながら、楽しく公演させていただくことができました。

保護者通しのつながりの大切さを、改めて感じた1日でした。

素敵な親の会があること…保護者にとってはとても心強いことだと思います。

そんな会で公演させていただけたことをうれしく思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »