« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

10月の公演予定

ドロップスの10月の公演予定は~

 10月11日(火) 「緑っ子」(特別支援について話し合う会)主催 保護者対象

 10月28日(金) 中区自立支援協議会 

2つの公演を予定しています。

今年も残すところ3ヶ月。

充実した公演となるよう、メンバー一丸となって頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市内小学校 福祉体験授業

9月16日(金)

市内の小学校の6年生を対象に福祉体験授業を行いました。

今回は、ドロップスによる公演というのではなく、担任の先生と一緒に授業をしました。

ドロップスはアシスタント的な役割で、疑似体験を担当しました。

福祉体験授業の形も、いろんな形態ができます。バリエーションがまた広がりました。

子どもたちは、疑似体験に夢中になっていました。

楽しい時間を過ごさせてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダブル公演 その2 ~東区特別支援教育研究会~

9月13日(火)

ダブル公演の午後の部は、東区特別支援教育研究会での公演でした。

対象は、東区の特別支援教育主任者および担任者。日頃特別支援教育に携わっていらっしゃる先生方に公演させていただきました。

先生方の感想は・・・

  折り紙体験は、「あぁ・・・私っていつもこんな風に子どもに接しているな。」と胸が痛くなりました。反省、反省・・・です。待つこともとても大切な時間だと分かっているのにせかしてしまう。でも、せかすことで良いことなんて何もないよな、と改めて思いました。まだまだ勉強不足、経験不足ですが、子どもたちの生活の幅が広がるような、でも笑顔で過ごせる学級・授業づくりをしていきたいと思いました。軍手で折り紙は学校でもできることなので、他の先生方にも体験して頂ける機会をつくれたら良いなと思いました。ありがとうございました。」

本日は貴重な時間をいただきありがとうございました。私も一人の母として、最後の“母の気持ち”をきかせていただきました。クラスの子一人一人ちがうから、衝突し、仲良くもなる・・・一人一人自分が成長したいという気持ちは同じです。できた、がんばった!!と子どもたちが心からうれしくなるように、私も教室での言動をあらためたいと思いました。」

熱意あふれる先生方の気持ちをたくさん届けていただきました。

素敵な先生方に出会える子どもたちは、幸せです。

子どもたちの周囲に素敵な人がたくさんいる社会になることを願って、私たちはこれからも活動していきたいと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダブル公演 その1 ~市内小学校の家庭教育セミナー~

9月13日(火)、ドロップスは午前と午後のダブル公演でした。

午前中は、市内の小学校の家庭教育セミナーで公演させていただきました。

参加者の保護者の感想より・・・

「出来ない事より出来た時の喜びを大切にしていきたい、と思った。そして、それぞれの(私も含めて)役割があることを素直に受け入れていきたいと思う。」

時々見かける発達障害児について理解を深めることができ、今後そうした子供達と出会っても、変わった目で見るようなことはないだろうと思う。

 これまでそうした子供達のことは表立つことがなく、よく分からない世界であったので本日は、貴重な機会を得、参加してよかったと思う。」

今、子どもが3年生でちょうど「私と小鳥と鈴と」を勉強しているので、何か伝えられたらいいな、と思いました。

 キャラバン隊のお母さん方が、今まで色々な思いや体験をしていらっしゃる中で、みなさん明るくがんばっているので、自分も「母親」をがんばらなきゃと思いました。とてもよかったです。」

同じ保護者の立場として話を聞いてくださり、ご自身の子育ても見つめなおしていただくことができたようで、うれしいです。

親として、子どものことを想う気持ちは、みな共通。

だからこそ、理解が広がっていくのだと思います。

家庭教育セミナーでも、どんどん公演したいなぁ~と感じる1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市内小学校 福祉体験授業

9月6日(火)

市内の小学校の6年生を対象に、福祉体験授業をさせていただきました。

6年生の子どもたちの素直で温かい感想に励まされます。

子どもたちの感想より・・・

「今日の出前授業でを受けて、今までは障がいを持っている人も普通に物が見えたり聞こえたりしていると思っていたけど、そうじゃないことが分かりました。みんな平等な社会になるといいなと思いました。」

「ドロップスさんに発達障がいについて教えてもらって、ふれあい学級(特別支援学級)のみんなとの接し方を考えることができました。この機会ふれあい学級のみんなともっとふれあいたいなと強く思いました。」

「障がいを持っている子でも、みんなといっしょで得意なことや苦手なことがあるんだなぁと思いました。」

「前までは、正直障がい者の人のことを少しつめたい目で見ていたけれど、今日の出前授業でわかったことなどを考えて、もうつめたい目で見ないようにしようと思いました。」

「いままで以上に、ぼくは障がいを持った人にやさしく接していきたいなと思いました。」

発達障がいについて知るきっかけをつくることができたように思います。

子どもたちが受け止めてくれた想いが、これから大人になっていく過程で、素敵に育っていくといいなぁ・・・と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市内小学校 現職教育(17回目①)

9月5日(月)

市内の小学校の現職教育で公演させていただきました。

2回の研修ということで、今回は普段通りの公演内容である疑似体験をしていただきました。

2回目は、ワークショップを考えていますが、先生方からの熱い希望もあるので、これからまた内容を検討していきます。

先生方の感想は・・・

「体験など参加型の研修だったので、子どもの気持ちになって考えることができました。」

「大学の先生や専門家の講座とちがって、より身近に、心の中に深く入ってくる良い勉強をさせていただきました。」

「うわさで聞いていた通りの充実したよい講座でした!次回もよろしくお願いいたします!!」

先生方のご期待に添えるよう、ドロップスメンバーで知恵を出し合って準備したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月の公演予定

長い夏休みも終わり、2学期がスタートしました。

8月はドロップスの公演もお休みをいただき、また気持ち新たにスタートです。

9月の公演予定は・・・

 9月5日(月) 市内小学校の現職教育

 9月6日(火) 市内小学校の福祉体験授業

 9月13日(火)午前 市内小学校の家庭教育セミナー

         午後 東区特別支援教育主任者会

 9月16日(金) 市内小学校の福祉体験授業

以上5回の公演を予定しています。

さぁ、2学期も元気いっぱい公演頑張りま~す♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »