« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

市内小学校現職教育(14回目の①)

7月23日(金)

市内の小学校の現職教育で公演させていただきまいた。

2回にわけてのご依頼をいただいたので、2回目には先生方にワークショップをしていただくことになっています。

1回目はいつもの公演内容で、疑似体験していただきました。

「実際に障がいをもったお子様を育てられている方の話だけあり、説得力がありました。そして、すこやか(あるいはあるがまま)に育ってほしいという気持ちがよく伝わってきました。」

「いろいろな体験を通して、いろいろな事を感じました。子どもたちにもよく“相手の気持ちを考えて”というのですが、私たち教師も“子ども、保護者の気持ちが考えられる”人になりたいです。」

先生方に伝わったことが、2学期からの支援につながりますように・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市内小中学校 現職教育(13回目)

7月20日(火)

市内の中学校の現職教育で公演させていただきました。

中学校からのご依頼は、実は初めてのことでした。

しかも小中一貫校ということで小学校の先生方もご一緒での公演でした。

現職教育としては13回目を数えます。

たくさんの先生方とお会いしたことになります。

終業式で、ホッと一息つきたいときに現職教育で学びを深められる先生方に頭が下がる思いです。

「発達障がいについて分かっているつもりでしたが、今回改めて親さんの立場から教えていただき、目からウロコのことが多くありました。今までの教員生活の中で出会った発達障がいの子どもたち、その親さんたちに、私はどんなふうにかかわってきただろうか・・・謙虚に振り返り、新しい気持ちで2学期を迎えたいと思います。」

「どの子も大切な子どもという気持ちは強くもっているつもりですが、どう接したらその子にとって最も良いか、分からなくなることがあります。今日は、多くのアドバイスをいただけたような気がします。」

先生方の心に、何か響くものがあったことをうれしく思います。

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市内小学校家庭教育セミナー(3回目)

7月7日(水)

市内の小学校のPTA家庭教育セミナーで公演させていただきました。

一般の保護者の方たちに公演させていただく機会はとてもうれしいものです。

「ちゃんとして!あれやって、はやく・・・など、朝、自分が子どもに対して言っていた言葉だなぁ・・・と。自分が言われてみてとても苦痛だったので、気をつけたいと思いました。ゆっくり、わかりやすくを心がけたいと思います。」

「知っているようで、実は知らない事ばかりで大変よい時間を持つ事ができました。自分の子どもだけでなく、まわりの全ての子どもたちが幸せに育っていけるよう、私たち大人が学ぶべき事はたくさんあるんだと実感しました。」

PTAの家庭教育セミナーでの公演も3回目となりました。

実績が少しずつ口コミで伝わって、また次の公演へとつながっていきます。

たくさんの学校からのご依頼お待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月の公演予定

7月になりました。

7月のドロップスも熱いです♪

今月は3つの公演を予定しています。

 7月7日(水) 市内小学校の家庭教育セミナー

 7月20日(火) 市内小学校の現職教育

 7月23日(金) 市内小学校の現職教育

暑さに負けず、熱く公演したいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »