« 2010年2月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

作業所職員研修

6月30日(水)

6月の7回目の公演でした。今月、めちゃめちゃハードだったドロップスです。

Y作業所の職員研修で公演させていただきました。

参加してくださった支援員さんたちは・・・

「自閉症の人の感じていることを体験して、今まで私は彼らにとって生きにくい環境をつくっていないかな??と、あらためて考えさせてもらいました。これから支援の方法や環境を見なおしていこうと思います。」

「普段、支援員として、利用者さんに接している自分を振り返る、気づかされるきっかけになった内容でした。この仕事にたずさわっていられる“縁”を嬉しく思います。今の自分に何ができるのか分かりませんが、利用者さんが笑顔でいられる事を大切にして支援していけたらと思います。」

「実際に “目・耳・手”で体験してみると、普段、自分が何気なくしている声かけが、利用者さんはどう感じていたのだろう・・・と考えさせられました。自分の感覚で支援をするのではなく、利用者さんの特性を考えて支援をしていきたいと強く思いました。」

素敵な支援者さんたちですね。

こんな作業所に通える利用者さんたちがうらやましくなります♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市内小学校 現職教育(12回目)

6月28日(月)

市内の小学校の現職教育で公演させていただきました。

こちらの依頼は、教育サポーターネットワークを通していただきました。

ドロップスがボランティア登録したのはかれこれ3年前のことですが、初めてご依頼をいただきました。

登録しておいてよかった~。(登録ID2289:ドロップス

名古屋市内、あちこちに出向いていますが、緑区の小学校からの依頼も初めてのこと。

うれしいご依頼でした。

「声の掛け方1つで自閉症の方たちは生活しやすくなるのだなぁと改めて感じました。日頃、自分はどのように声をかけているか・・・と自分自身を見つめ直すよい機会となりました。とても分かりやすく、実際に体験させていただきありがとうございました。楽しく学ぶことができました。」

「本を読むより今日の体験の方が理解する上でわかりやすかったです。最後におっしゃったように交通訓練のように子どもたちに向けてできるといいですね。きっと子どもたちなりにいろいろ感じ取るものはあると思います。」

私たちの伝えた想いは、先生方を通して、きっと子どもたちへも伝わっていくことでしょう。

少しずつ少しずつですが、確かな手ごたえを感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛知キャラバン隊ネットワーク 全体会

6月26日(土)

愛知キャラバン隊ネットワークの全体会が甚目寺にて行われました。

愛キャラネットが発足して3年がたちました。

発足当時5グループだったのが、なんと17グループに広がっています。

県内のキャラバン隊グループがドロップス以外に16も。

仲間がたくさんいるというのは本当に心強いことです。

前回の全体会は、公演があって出席できなかったので、全体会参加は5回目かな?

毎回人数が増えていてびっくりです^^

キャラバン隊の活動の理念を共通理解し、それぞれのグループが小ネタを出し合いました。

どのグループもそれぞれみんなちがってみんないい!

いろいろな刺激を受けて、ドロップスもがんばるぞ~という気持ちになりました!!

仲間とともに活動するってほんとに素敵なことです♪

 関連記事  海部キャラバン隊 Puzzle 活動日記  愛キャラ練習会 at甚目寺

         ウォーリーのつぶやき 理念を忘れず

         こうくんを守れ!!! なんと17グループに!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダブル公演 その2 市内小学校現職教育(11回目)

6月17日(木)

午後からは場所を移動して、名古屋市内の小学校の現職教育で公演させていただきました。

メンバーの家から少々遠い学校だったこともあり、メンバー3名での公演となりました。

午後からはどうしても子どもたちの帰宅に合わせてしか公演できないので、フルメンバーで公演するのはとても難しいです。

3名での公演は初めてで、どうなることかとドキドキでしたが、そこは息を合わせて乗り切りました。

「子どもを教育する者として、とても参考になりました。「具体的な指示」の大切さと、抽象的な指示をされた時の気持ちがわかりました。」

「我が身をふりかえり、子どもへの声のかけ方をいまいちど考えていこうと思いました。よい体験をさせていただきました。」

メンバー3人でも、伝えるべきことはお伝えすることができたと思います。

市内の小学校の現職教育での公演も11回を数えます。

先生方への啓発もどんどん進んできたように感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダブル公演 その1 名古屋医専公演

6月17日(木)

この日は午前と午後のダブル公演でした。

午前中は名古屋医専の言語聴覚学科の講義で公演させていただきました。

言語聴覚士を目指す学生さんたちを対象とした公演は、2回目です。

学生さんたちの反応がよく、楽しく公演させていただきました。

「自閉症のことを改めて深く知ることができました。実際に自閉症の子どもたちに接している方たちからの言葉だったので、言葉にすごく重みを感じました。」

「“自閉症”は授業で習っていましたが、体験してみて、こういうふうに見えているのか、聴こえているのか、と知ることができ、これから接する時にどういうふうに声かけをしていけばよいか、改めて考えることができました。」

「自閉症について、いろいろな角度から知ることができ、とても勉強になりました。この前、自閉症のお子さんの検査をしたとき、はしりまわったり、落ち着きがなくて、検査が思い通りできないことがありました。これからそのような子と出会った時は、絵カードなどでわかりやすく見せたり、もっと関わり方について学んで接しなければいけないなと思いました。」

これから出会う子どもたちのこと、もっと知ろう・・・と思ってもらえたらうれしいです。

ドロップスの公演がきっかけとなって、学生さんたちがより深く学んでいただけたら、素敵な支援者がたくさん生まれることでしょう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけぼの学園受講研修

6月16日(水)

名古屋市あけぼの学園の受講研修として公演させていただきました。

あけぼの学園は、知的障害児の入所による保護をする施設で、支援者向けの公演でした。

保護者である私たちは、専門家ではありませんが、保護者の気持ちをお伝えすることができます。それでご依頼がたくさん寄せられているようです。

「今日、みなさんの話を聞くことができて、とても参考になりました。そして、私自身、自分の子を持つ親としても、とてもドロップスの皆さんの気持ちに共感できる部分が多く、皆さんが子どもたちにとても愛情をそそがれているんだなぁ…と素敵に思いました。」

専門家では伝えられない親の思いを、支援者の方々に伝えていけたらと思っています。

親の思いも受け止めながら支援していただけたら、子どもたちは幸せだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成22年度 学齢期支援者向け初級研修会

6月7日(月)

学齢期支援者向け初級研修会がありました。

毎年ご依頼を受け、今年で3年目の研修会となりました。

参加者は、児童デイや学童の指導員さんたちで、100名近くいました。

「体験を通して、子どもたちに居心地良くすごしてもらえるよう環境整備の大切さに気付きました。すぐに実践させていただきます。」

「日ごろ接している子どもの行動について、原因・理由の説明を受けることができ、すっきりしました。子どもたちとの接し方を具体的に知ることができてよかった」

「私たちが思っている以上にうまい声かけが必要なんだと思いました。これからはもっと意識して、声かけ・見守りをしていこうと思いました。」

感じたことをこれからの支援に役立てたい・・・と思ってくださった支援者さんたちの声は、私たちをとてもうれしい気持ちにさせてくれます。

発達障がいを持つ子どもたちにかかわる人たちが、子どもたちの困難さを理解して支援してくれること。それがどれほど心強いことか・・・。

子どもたちの周囲の環境がどんどんよくなっていくことを願いながら、ドロップスは啓発活動をがんばっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市内小学校 家庭教育セミナー

6月4日(金)

市内小学校のPTA家庭教育セミナーでドロップスの公演をさせていただきました。

今年度の初公演。3ヶ月のブランクもなんのその。公演がはじまれば、メンバーみんなで一丸となって、息ぴったりです。

参加者からは・・・

「ちゃんとしてというわかりにくいことばではなく、具体的にことばをかけないと伝わらないというのが分かりました。今後の子育てに役立ちます。発達障がいの子の気持ちが少しわかったような気がします。子どもたちにも見せてあげたいです。」

「発達障がいをかかえるお子さんのお母様方の愛情、勇気、挑戦する精神がすばらしいです。励まされました。」

親としての思いに、障がいのあるなしは関係ありません。

あれこれ思い悩んでの子育ては、みな同じです。

だからこそ、同じ親としてのことばが心に響くのです。

今年度は、家庭教育セミナーでのご依頼もいくつか受けています。

同じPTAの一員としての私たちからの発信をたくさんの方に受けとめていただきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成22年度スタート

ドロップスのブログの更新が滞っていました。

2月25日で21年度の公演をしめくくり、長い充電期間をいただいたドロップス。

平成22年度は6月4日の公演でスタートです。

3月、4月、5月と3ヶ月は依頼がなく、ちょっとさみしかったです。

もちろん、メンバーの子どもたちが、卒業や入学、進級とバタバタしていましたから、ありがたい充電期間ではありましたが・・・。

その間も練習会を何回か行って、これまでの公演を振り返ったり、今後の公演内容を考えたり、公演の打ち合わせをしたりと活動はお休みしていたわけではありません。

 6月は7つもの公演が予定されています

  6月4日(金) 市内小学校 PTA家庭教育セミナー

  6月7日(月) 学童期支援者向け初級研修会

  6月16日(水) あけぼの学園 職員研修

  6月17日(木) 名古屋医専 

  6月17日(木) 市内小学校 現職教育

  6月28日(月) 市内小学校 現職教育

  6月30日(水) よつ葉作業所 施設職員研修

しっかり充電させていただいた分、パワーアップして活動していきたいと思います。

今年度もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年7月 »