« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

桜山いこいの家公演(2)

2月27日(金)

桜山いこいの家で2回目の公演をさせていただきました。

2回目の依頼をいただけるって本当に幸せです。

1回目の公演の反響がよかったってことですもの。素直にうれしいです。

まだ就学前のお子さんを持つ保護者の方々が対象でした。

お母さんだけでなく、お父さんの参加もありました。

幼児期が一番しんどい時期だったように感じています。

そんな時期だからこそ、私たちの公演がすこしでも不安をやわらげるお手伝いになったらと思って元気に公演しました。

「とても勇気がでてきました。ありがとうございました。わかりやすく方法を教えてもらえたので実践していきたいと思います。」

「日常生活での具体的な対応の仕方がよくわかりました。私も息子のひび割れが何に役立つか一緒に見つけてあげたいと思います。前向きに、日々を楽しんでいきたいです。」

『わかりやすい声のかけ方』や『やさしい接し方』を日々心がけるだけでも、毎日が楽になると思います。

私たちの公演からヒントをひろって、毎日の暮らしに役立てていただけたらそんなうれしいことはありません。

さて、今年度の公演も残すところあと2つになりました。

この1年すごくがんばってきました。特に2月は5公演と忙しく活動しました。

ご依頼していただけることに感謝して、あと2つの公演もしっかりがんばります!! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンダOB公演会

2月23日(月)

パンダOB会で公演させていただきました。

パンダOB会は、保健所主催のパンダグループが小学校入学までのグループであるため、その後の心細さをパンダグループ同様に集まって交流や情報交換・学習会などを行うことで解消しあう自主グループです。

小学生以上のお子さんをもつ保護者の方が対象でした。

みなさん母としての思いは同じです。

「もっともっといろんな人にもわかってもらえるようになるといいなと思います。」

「通学する学校や地域で公演していただける様、がんばらなければと思います。」

「ぜひ学校の先生やPTAの方にも見てほしいってすごく思いました。」

こんな感想をたくさんいただきました。

啓発活動の必要性を、だれもが感じているんだと思います。

ドロップスの活動が、ほんの少しでも皆さんの思いを届ける手助けになればと思っています。

2月の4回目の公演が終わりました。次は27日(金)です。がんばります!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すきっぷ・ママクラス修了生の会

2月19日(木)

名古屋大学医学部保健学科大幸キャンパスにて、すきっぷ・ママクラスの修了生の会が開催されました。

そこでドロップスの公演をさせていただきました。

このすきっぷ・ママクラスのセミナーといのが素敵なんです。

発達障害などの子どもを持つお母さんを対象としたワークショップなんだそうです。

私たちドロップスのメンバーも参加させていただくなりました。ひそかに受講の申し込みをしようと考えてます^^

今回は、4名での公演となりました。4名だと、ひとりひとりの役割が多くなり、バタバタしましたが、なんとか普段どおりの公演ができたと思っています。

ドロップスの公演は2回目・・・という方もいらっしゃいましたが、それなりにバージョンアップした公演を評価してくださいました。まだまだこれからも磨きをかけていきたいと思っています。

主催されたスタッフの方々にも満足いただけたようでうれしいです。

「参加者の感想から、本当にみなさんに役立った内容だったと、とてもありがたく存じます。 とくに、最後の母の気持ちのところでは、涙ぐんでいらっしゃる方が(私もですが)たくさんいらっしゃいました。 心に響いたと思います。」とお礼のメールをいただきました。

同じ悩みをかかえた保護者の方々に、共感していただくことができました。

私たちの公演が、少しでも参加者の方々にパワーを与えることができていたらいいな・・・と思っています。

ドロップス、2月はあと2つの公演があります。日々精進!頑張りま~す!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドロップス公演会のご案内

中川パンダOB会(親の会)主催のドロップスの公演会のご案内です。

みんなちがってみんないい ~発達障がいの疑似体験~

日時:平成21年2月23日(月) 午前10時から11時半

場所:名古屋市西部地域療育センター 2階 会議室

主催:パンダOB会

参加費:パンダOB会員無料 会員外500円

会員外で参加を希望される方は申し込みが必要です。

    (※ 申し込み受付は終了しました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

確かな手ごたえ

2月6日に公演した小学校より、6年生の子どもたちの感想が届きました。

まず、先生から・・・

 子どもたちの心にも貴重な灯がともったようです。

 授業に臨んだ子どもたちの姿は、誰一人、ツマラナイと感じた様子はありませんでした。

こんなうれしいお手紙を添えて感想を送ってくださいました。

子どもたちも、とても真剣に感想を書いてくれていました。

 「この授業のおかげで、発達障がいの子どもたちのことや、また子どもたちへの接し方など、障がいのことについてたくさん勉強することができました。私には、あまりわからないけれど、自閉症や知的障がいを持っている子たちはたくさんいると思います。これからは、障がいを持っている子たちとも接してみようかなと思いました。」

「とても楽しかったです!すごく分かりやすくて、最後は感動しました。“できることは自分で”という話に共感しました。健常者の私ですが、物事をすすめる速さが遅いので、いつも、親や先生、友達に“私がやるからさっさとしなさい”などと言われるので、自分でできることは自分でやりたいという気持ちがすごく分かりました。」

「障がい者との接し方が分かりました。なかよし(特別支援学級)や養護学校の人たちと、そのやりかたで接してみたいです。」

それぞれが、確かに何かを感じ取ってくれていました。

子どもたちみんなが、私たちからのメッセージを受け止めてくれていました。

「わかりやすく説明してくれて、発達障がいのことがよくわかった。他の障がいのこともドロップスのみなさんに教えてもらいたいです。」

そんな感想を書いてくれているおともだちもいました。

もちろん、まだまだ課題はたくさんありますが、子どもたちへの啓発にも確かな手ごたえを感じています。

うれしい感想をありがとうございました。

みなさんからの感想を励みに、ますます頑張って活動していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市内小学校の6年生向け公演

2月6日(金)

ドロップス、初めて子どもたちを対象に公演させていただきました。

名古屋市の小学校の6年生3クラス。

クラスごとに公演させていただいたので、1時間(45分間)の公演を3回。

充実した1日でした。

子どもたちは、とても真剣に聞いてくれました。

私たちの公演で、何を感じ取ってくれたかな?後日感想をいただくことになっているので、とても楽しみです。

保護者の方の参観もありました。

「自分と違う価値観の子を平気で排除するような言葉を投げかける子も多く、障害に関係なくても、ちょっと変わってる子の存在も認め合う、という点からもよかった」といううれしい感想をいただきました。

障がいを理解することは、『人権尊重』という大きなテーマにつながる内容であることを改めて感じます。

45分間の中に、よくばっていろいろな体験を入れ込みました。

子どもたちに、ほんの少しでも何かが伝わっていることを願ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市内小学校の現職教育

2月2日(月)、名古屋市内の小学校の現職教育で公演させていただきました。

知識としては、よく知っていらっしゃる先生方ですが、疑似体験をしていただくと、やっぱり実感していただくことができるようです。

現職教育での公演は3回目ですが、どこも思っていた以上に好評です。(ちょっと自画自賛・・・でしょうか?)

「周囲の環境を整え、理解者をふやしていくことで、子どもたちがより生きやすくなれればと願います。」という素敵な感想をいただきました。

子どもたちを主体で考えてくださる先生の存在は、親である私たちを本当に勇気付けてくれます。

先生方に公演させていただいて、先生方の子どもに対する熱意が伝わってきて、私たちメンバーが励まされます。本当にありがとうございます。

さて、次はいよいよ子どもたちに向けての公演です。

私たちの思いが伝わるように、メンバー一丸となって頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月の公演予定

2月。ドロップスは5つの公演を予定しています。

こんなに忙しいのは初めてのこと。体調崩さないように頑張らねば・・・。

 2月2日(月) 市内小学校 現職教育 教員対象 

 2月6日(金) 市内小学校 6年生対象 (初めての子ども向け公演です!!)

 2月19日(木) すきっぷ。ママクラス修了生の会 保護者対象

 2月23日(月) パンダOB 保護者対象

 2月27 日(金) 桜山いこいの家 保護者対象

公演の合間に練習会をおこなっています。

公演を重ねるたびに、私たちメンバーの学びも深まっていきます。

素敵な2月になるように、頑張るぞ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »