« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

公演のご案内

758(なごや)キッズステーションでドロップスが公演することになりましたのでご案内させていただきます。

主催:名古屋市子ども・子育て支援センター(758キッズステーション)

会場:758キッズステーション マルチルーム(ナディアパーク6階)

日時:7月3日(木曜日) 午前11時~12時

テーマ:みんなちがって みんないい ~発達障害の疑似体験~

定員:30名 (託児定員:15名、別途申し込み必要)

対象:子育て中のお母さんへ

~758キッズなびの案内文より~

「知る」は「理解」の第一歩です。発達障害の子どもの気持ちを体験してみませんか?

☆ ☆ ☆講座申し込み方法☆ ☆ ☆ ☆

往復はがきでお申し込みください。はがき1枚で、1講座1名分の申し込みとなります。※758キッズステーション窓口へ「返信用はがき」を持参して直接お申し込みいただくこともできます。

申し込み先:〒460-0008 名古屋市中区栄三丁目十八番一号 ナディアパークビジネスセンタービル六階

名古屋市子ども・子育て支援センター 行

往信用はがき裏面:①希望講座名(みんなちがってみんないい)

②住所 ③氏名 ④性別 ⑤電話番号 ⑥子どもの人数

託児希望者のみ ⑦子どもの氏名(ふりがな) 性別 生年月日

返信用はがき表面:あなたの住所 氏名

返信用はがき裏面:何も記入しないでください。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

申し込み期限:6月19日(木)必着

・期限後も定員に満たない講座は、ひきつづき講座開始前日まで受け付けます。(電話可)

・申し込み人数が定員(30名)を超えた講座は、6月21日(土)に抽選を行います。抽選の場合は、市内在住の方を優先させていただきますので、ご了承ください。

・申し込みの結果は、6月22日(日)以降に発送します。

☆ ☆ ☆託児について☆ ☆ ☆

託児はボランティアの方にお願いしています。

申し込み期限の日において、満6ヶ月から小学校入学までのお子さんが対象です。

講座開設日の5日前までにおやつ代及び傷害保険代(おひとり250円)を758キッズステーションにお支払いください。(現金書留も可)アレルギーのあるお子さんは、おやつをご持参ください。

希望者の数が託児定員(15名)を超えた場合は、抽選により決定します。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一般対象の公演です。

ご興味のある方、ぜひ参加申し込みいただけたらと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

うれしい公演依頼

学校の家庭教育セミナーでドロップスの公演を・・・と公演依頼がやってきました。

一般の保護者向けの依頼です。うれしいな~。

しかも、先日のつながれっと名古屋での公演に参加してくださった方が依頼してくださいました。

ドロップスの公演に参加して、また公演を依頼してくださる。

こんな嬉しいことはありません。

「知る」は理解の第一歩。

そしてそれを広げていこうとしてくださる方がいる。

こうして理解の和が広がっていきます。

私たちの活動は、小さな一歩だけれど、たくさんの方に応援されているからこそ、これからも頑張っていこうと思います。

さぁ、公演に向けて練習するぞ~!ますますのレベルアップ目指して!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

学童期支援者向け初級研修

5月14日、学童期支援者向け初級研修のひとコマとして、私たちドロップスの公演をさせていただきました。

78名の方の参加がありました。

対象は、学童保育指導員さん、児童デイサービス指導員さんです。

今回は折り紙体験を全員の方にしていただきました。

人数が多かったので多少不安もありましたが、全員体験していただけてよかったです。

100名規模の公演でも、なんとか全員体験していただく自信がつきました。

公演後に、参加者交流会がありました。

そこに私たちドロップスメンバーも参加させていただき、勉強させていただくことができました。

一番うれしく思ったのは、子どもたちのことを真剣に考えてくださっている指導員の方が本当にたくさんいらっしゃるということ。

みなさんすご~く子どもたちのことを思ってくださっていることを知ることができて感激でした。

参加者の方のアンケートには、私たち保護者にエールを送ってくださるものがたくさんありました。

「これからも疑似体験を通して、いろんな多くの人に伝えていってほしいと思いました。」

「このような活動をされているお母さん方がいらっしゃることを知って嬉しく思いました。一般の幼稚園・小学校のお母さん方に公演していただくと、とても自閉の子たちの理解が地域に広がっていくと思います。頑張ってください。」

「もっと多くの方に伝えてこれからも頑張ってください。一人ひとりの個性をいっぱい引き出してくださいね。」

「私たちは障碍を持った子どもたちに接していて、その関わり方や障碍に対して関心があります。皆さんが活動する中で、今まで“関係ない”と思っていた人たちにも広がっていくといいと思いました。そして私たちもその手伝いをできたらと思います。」

たくさんの方に支えられていることを実感しました。

素敵な指導者の方々の前で公演させていただけたこと、メンバー皆で喜んでいます。

今日の公演で感じていただいたことが、日々接している子どもたちの支援に少しでもつながったら幸せです。

参加者の皆様、どうもありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想を手にして

4月25日の公演の感想を主催者の方からいただきました。

嬉しい感想・・・

「自閉症の特徴の体験ができて、少し理解できました。声かけの仕方などは、自閉症に限らず自分の子どもにも気をつけていきたいと思いました。」

「私も今日から“うれしい接し方”が誰にでもできるようになりたいと思いました。」

参加者の方が、私たちの公演から感じ取ってくださったことが伝わってとてもうれしくなりました。

~みんなちがってみんないい~

発達障害だから・・・と特別視する必要はないことなんです。

ほんのちょっぴりコツを知っていただくためにキャラバン隊活動をしています。

私たちの公演にこめられた思い、参加者のみなさんに届いた手ごたえを感じたときが一番うれしい瞬間です。

これからもたくさんの人に、伝えていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »