熱田生涯学習センター公演

3月7日(木)


熱田生涯学習センターにおいて、「発達障がいのある人への関わり方 ~「疑似体験」で分かりやすく学び~」という公開講座で公演させていただきました。


参加者の感想より・・・


「発達障がいについてよく分かりました。いろいろな人が安心して暮らせるようにしたいと思いました。」


「親から見た子どもへの思いも一緒に知ることができたので、良かったです。」


「とても優しい気持ちになるステキんば公演でした。私の子ども頃はこのような公演はなかったですが、今は学校などでされているということで、他を認め合う気持ちを育む良い機会だと思いました。自身でも想像力を働かせて、相手のことを考えていこうと思いました。」


 


今年度もたくさん公演させていただくことができました。


ご依頼くださった皆様、本当にありがとうございました。


次年度も、コツコツと啓発活動していきたいと思っています。

| | コメント (0)

’19.3月の公演予定

年度末になりました。
ドロップス、3月は1公演を残すのみです。
3月の公演予定は・・・
3月7日(木) 熱田生涯学習センター 公開講座
今年度の公演の締めくくりです。
次年度の公演依頼もお待ちしております。


| | コメント (0)

親の会での公演

2月26日(火)
放課後デイサービスに通所している発達障害児の保護者の方たちの集まりで公演する機会をいただきました。
同じ保護者という立場なので、共感していただける部分も多かったように感じます。
参加者の感想より…
「発達障害の本人の気持ちが分かる体験がたくさん出来て、とても勉強になりました。明日からは待つことを心がけて接していこうと思いました。」
「子育ての経験を交えての公演だったため、親しみやすく、共感できることが多かったです。」
「我が子の特性や感じ方などを理解しているつもりでいましたが、今日の実体験を通して、改めて生活するのに不都合を感じることが多いと分かり、もう少し声かけを優しくし、待つことができるよう心がけていきたいと思いました。」
「自分で体験することで、頭で解っていることですが、実感することができました。みなさんのお子さんの話が聞けて、すこし先の成長した姿も考えることができました。楽しく参加できよかったです。」
いつの間にか、メンバーの子どもたちも成長し、大きくなってきました。
啓発とともに、先輩母としての役割も感じるこの頃です。


| | コメント (0)

’19.2月の公演予定

2月のドロップスの公演予定は・・・
2月2日(土) 名古屋市科学館ものづくりボランティア研修
2月26日(火) 親の会 COCOMOM主催 公演
2つの公演を予定しています。
寒さに負けず、元気に公演したいと思います。

| | コメント (0)

中川区学童指導員研修

1月16日(水)
中川区の学童指導員研修で公演させていただきました。
今回は、12月の富田図書館で公演したとき、ご参加くださった指導員さんがお声をかけてくださって、公演する機会をいただきました。
参加くださった指導員さんの感想より・・・
「改めて再確認できることもあり、大変勉強になりました。子どもたち1人1人に目を向けて、しっかり関わっていきたいと思います。」
「折り紙体験では、いつもせかしてしまうのを反省させられました。ひび割れ壺でも、自分のことを照らし合わせて考える事ができました。ついつい“今回、こんなことありました”と言ってしまうので、なるべくよい所を言えるようにしたいと思います。」
「楽しくわかりやすくて、とてもよかったです。いろいろな体験を通して理解できただけでなく、ふだんの保育のこともいろいろ考えさせられました。また、自分の子育てを思い出して、ぐっとくるものがありました。」
丁寧な対応は、どんな子どもにも有効だと思います。
ドロップスの公演で、何かヒントになったら嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

'19.1月の公演予定

明けましておめでとうございます。
新しい年を迎え、ドロップスメンバーも、気持ちを新たに頑張ろうと思っています。
さて、1月の公演予定は・・・
1月16日(水) 
 午前 中川区学童指導員研修会
 午後 名古屋市中央療育センターBe研修
同日に2公演を予定しています。
今年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みどり学園公演

12月2日(日)
みどり学園の保育参観日に、ドロップスの公演の機会をいただきました。
お子様のお昼寝タイムを利用して、パパ&ママに参加していただきました。
パパ&ママの感想より・・・
 「皆さんエネルギッシュで明るいなぁと、良いエネルギーをもらうことができました。子どもに何かを伝える時は、感情的にならず落ち着いて、具体的に、良い方向に導けるように説明しようと思いました。」
「とてもおもしろく、又ためになりました。皆さん大変な子ども時代を乗り越えて、今またやりがいを見つけて活動されている事に希望が持てました。」
「ドロップスの皆さんが、私達も失敗してきた親だから、とおっしゃっていて、救われました。
・・・何年後か、何十年後かに振り返った時に、こんな大変な時期もあったね~と、明るく笑って振り返れるように過ごしていきたいです。」
疑似体験そのものより、私たちのパワーを感じていただいたようで・・・。
ほんの少し先を行く私たちの存在が皆さんの励みになればなによりです(笑)
子育て、楽しみながら、お子様の成長を見守ってくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富田図書館での公演

12月4日(火)
富田図書館にて、公演させていただきました。
“~身近な問題としての発達障害を学ぶ~ 発達障害って何?”というテーマで一般の方を対象に公演する機会をいただいたのです。
参加してくださった方々の意識も高く、手ごたえある公演となりました。
参加者の感想より・・・
「発達障害の子どもを持つ親の話をもっと聞きたいと思いました。」
「もっともっと学校などでこの講座を聞いてもらいたいと思いました。それくらい発達障害の人の当事者の困難が良くわかる講座で、大変勉強になりました。」
「障害としてとらえることよりも、その子自身とむき合って、どのように声かけ、言葉かけをしていくことなのかな…と思いました。」
これで、今年の公演は締めくくり。
今年も1年、お世話になりました。
来年も、よろしくお願いいたします。
皆様にとって、素敵な新年が訪れますように・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

’18.12月の公演予定

12月になりました。今年もあとわずか。
12月の公演予定は・・・
 12月4日(火) 富田図書館 「~身近な問題として発達障害を学ぶ~ 発達障害って何?」
この公演で今年のドロップスの公演はしめくくりです。
今年もあちこちからご依頼いただき、公演させていただくことができました。
ありがとうございました。
来年も、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

’18 愛知学院大学 公演

2018年度も愛知学院大学の言語聴覚士をめざす学生さんたちに公演させていただきました。
毎年、ご依頼いただけるのは、とても光栄です。
学生さんたちの感想より・・・
「見え方、聞こえ方、手先の使いづらさ、周りの声…色んな体験をして、その子の気持ちに寄り添えたと私は思ってます。学校の授業では体験することはないので、あらためて勉強をやなおそうと思いました。“母の気持ち”では、言葉では上手に表せないですが、心にくるものがありました。感動しました。親・子どもさんの心にも寄り添える言語聴覚士を目指します!!」

「座学で発達障害のことを学んでいても、実際にどういった感覚なのか体験できるものではないので、とても勉強にまりました。また、実際育児をされた方の思い、苦労したことなど知る機会は少ないので、とても面白かったです。」

「私は将来小児のSTになりたいと思っています。特に発達障害の子たちに関わっていきたいと思っている中での公演だったので、すごく勉強になりました。まだまだわからないことだらけだけど、少しでも理解していくことができたらいいと思います。今日の話を聞いて、もっと世の中に発達障害について知る人が増えていってほしいです。」

学生さんたちが、よき理解者となってくださることを願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«’18.11月の公演予定